個人所得税の申告 3月1日から受付

 国税庁は3月1日から4月30日まで、2018年の個人所得税の申告を受け付ける。申告のためのプログラムは26日から国税庁サイトでダウンロード可能となっている。

 対象者は、17年に2万8559.70レアル以上の課税所得があった人のほか、14万2798.50レアル以上の農業収益があった人、4万レアル以上の非課税所得があった人、株式等の取引を行った人、17年末時点で30万レアル以上の資産または権利を有していた人など。昨年からブラジル国内で居住した状態にある人も対象となる。

 今年の申告では、任意として、不動産の住所や登録番号、自家用車の登録番号等の情報も求められる。これらの情報の申告は来年から義務化される可能性がある。

 このほか、昨年は12歳以上が対象だった被扶養者の納税者番号(CPF)申告は、今年は8歳以上が対象となる。

 受付期間終了後に申告した場合の罰金額は1カ月あたり納税額の1%。罰金の最低額は165.74レアル、最高額は納税額の20%となっている。

2018年2月28日付け

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password