児童のアルコールや麻薬の使用 調査で8割が増えたと回答 サンパウロ市

 政党や宗教などの垣根を超えたネットワーク「Rede Nossa São Paulo」(以下、ノッサ・サンパウロ)がブラジル世論調査・統計機関(Ibope)と提携して実施した調査「サンパウロで生活する―子供と都市」で、調査に答えたサンパウロ市民の82%が、同市内でアルコールや麻薬を使用している子供・青少年が過去12カ月間で増加したと考えているという結果が示された。ノッサ・サンパウロが9日公表した調査結果の概要を国内メディアが同日付で伝えた。

 同調査は8月15日から9月3日の期間にサンパウロ市内で実施され、800人から回答を得た。

 調査結果では、路上で小銭を求める子供・青少年が増えたと感じている回答者の割合も76%に上っている。このほか、路上で暮らす子供が増えたと答えた割合は73%、サンパウロ市内で働く児童が増えたと答えた割合は51%を占めた。

 同調査によれば、サンパウロ市民の45%が子供または青少年と一緒に暮らしており、そのうち子供のみの割合は26%、青少年のみは11%、子供および青少年と暮らしている割合は8%となっている。

 回答者のうち、自身が責任のある子供・青少年が公立校に通っていると答えた割合は71%、私立校に通っていると答えた割合は21%、両方の学校は3%だった。

 子供や青少年と市内を移動すると答えた回答者が主要な困難として挙げた中で最も多かったのは公共交通機関の混雑で、22%を占めた。その他、市民の敬意の欠如が11%、輸送上の不安が11%、通りの混雑が10%などとなっている。21%は、バスが非常に混雑しているため別の交通手段を利用していると答えている。

 公共スペースの利用に関する質問では、10人中4人が文化センターと公立図書館の質について最高または良いと答えている。悪い、または最悪と答えた割合は約10%だった。

 公園や広場については、回答した市民の20%が高評価で、30%が低評価という結果だった。

 ノッサ・サンパウロのマネージャー、アメリコ・サンパイオ氏は調査結果に関して、サンパウロ市民が、子供達にとってサンパウロ市が居心地の良い場所ではない事を理解していることを示しているとしながら、「残念な事に、この調査では否定的な面が強調されるのみであり、我々が既に知っていた事、つまりまだ多くの事をサンパウロ市内で行わなければならない事を強調している」と語っている。

2018年10月16日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password