前CBF会長の汚職を認定 永久追放を決定=FIFA

 国際サッカー連盟(FIFA)は27日付で、ブラジルサッカー連盟(CBF)の前会長であるマルコ・ポロ・デル・ネロ氏が今後、生涯にわたって、サッカーに関係するあらゆる活動にかかわることを一切禁じると倫理委員会が決定したと発表した。

 発表によると倫理委員会は、デル・ネロ氏がFIFA倫理規定の第13条(一般的行動規範)、第15条(忠誠心)、第19条(利益相反)、第20条(贈答品または他の特典の授受)、そして第21条(贈収賄及び汚職)に違反したと認定し、同氏をサッカー界から永久に追放し、100万スイスフラン(約1億1000万円)の罰金を科すと決めた。

 デル・ネロ氏の前にCBF会長の座にあったジョゼー・マリア・マリン氏もFIFAから同様の処分を受けており、ブラジルサッカー界のトップが2代続けて、汚職などを理由にサッカー界から追放されるというあきれた事態となった。

 同日付伯メディアによれば、デル・ネロ氏側はFIFAの決定に対して異議を申し立てるとしている。異議申し立てはまず、FIFAの控訴委員会に対して行われ、ここで申し立てが却下された場合は、スイス・ローザンヌにあるスポーツ仲裁裁判所へ訴えることになる。

 デル・ネロ氏側の弁護士事務所は報道向けに発表した声明の中で、倫理委員会の決定を「驚きと憤り」をもって受け取ったとした上で、デル・ネロ氏が汚職の枠組みに関与したことを示す証拠はなく、倫理委員会による数えきれないほどの手続き違反があったなどと主張している。

 デル・ネロ氏は2015年に、サッカー界の世界的規模の汚職の枠組みへの関与が疑われ、米連邦捜査局(FBI)の捜査対象となった。そして同年、米司法省から7件の犯罪(詐欺3件、資金洗浄3件、犯罪組織への参加1件)にかかわった容疑者とされた。その後間もなく、FIFAの倫理委員会が内部調査に着手し、今回の結論に至った。

2018年4月28日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password