千葉県人会創立60周年 滝川副知事ら9人の慶祝団来伯

千葉県人会創立60周年 滝川副知事ら9人の慶祝団来伯
記念式典であいさつする原島会長(中央)

今後も「仲良く、楽しく、正しく」

千葉県人会創立60周年 滝川副知事ら9人の慶祝団来伯
祝賀会で乾杯する原島会長(左から3人目)ら

 ブラジル千葉県人会(原島義弘会長)創立60周年記念式典が、8月27日午前10時からサンパウロ市ジャバクアラ区の同会館で開催された。母県から滝川伸輔副知事、県議会議長代理で千葉県議会ブラジル友好議員連盟会長の河上茂氏、千葉県市長会・町村会代表の岩田利雄東庄町長、市原武睦沢町長をはじめとする9人の慶祝団が来伯して出席。母県や会員らの協力により、紆余(うよ)曲折を経て2009年に建立された会館でのこの日の式典には約150人が集まり、「還暦」の節目の年を祝った。

 当日の式典は、原島・伊野理沙氏の司会で進行。藤平暉雄第1副会長の開会のことばで始まり、先亡者への黙とう、伯日両国歌斉唱、来賓の紹介に続いて、原島会長があいさつ。千葉県出身者がブラジルに最初の一歩を印したのは1920年だとし、57年12月21日に当時の千葉県議会議員の八代重信氏が立会人となり、藤平正義氏を初代会長として県人会が発足した歴史を振り返った。また、県人会創立60周年を迎えたこと及び2009年に県人会館が完成したことについて、県人会員と母県の絶大なる協力に感謝の意を表した。

 さらに、会館入口に掛けられている額「謝四恩」という剣道の師の教えについても触れ、これまで母県で世話になった121人に及ぶ留学生・研修生とその父兄に対して母県への恩の大切さを説き、「(千葉)県側と一体となり、今後も『仲良く、楽しく、正しく』をモットーにし、将来を進んでゆくことをこの式典で誓います」と力強く語った。

 引き続き、滝川副知事が森田健作知事の祝辞を代読。県人会が60周年を迎えたことへの慶びをはじめ、千葉県での募金などの協力を得て紆余曲折を経ながら会館が完成したことにも言及。同会館が「ブラジルと千葉県を結ぶ大切な交流拠点として、(伯国)国内各地からの留学生の宿舎として活用されるなど大きな役割を果たしている」とし、来年で110周年を迎えるブラジル日本移民の功績を褒め称え、「皆様の千葉県を愛する心を大切にし、ブラジルと千葉の交流を一層深めていきたい」と述べた。

 千葉県議会ブラジル友好議員連盟会長の河上氏、市長会・町村会代表の岩田氏、別イベント出席のため中座した関口ひとみ在サンパウロ総領事館首席領事代理の森田聡領事部長、山田康夫県連会長、松尾治文協副会長、菊地義治移民110周年実行委員長の祝辞に続いて、県人会と母県関係者の間で記念品の交換が実施。その後、70歳以上の高齢者27人(男性11人、女性16人)に対して、滝川副知事から一人一人に表彰状と記念品が手渡された。

 高齢者を代表して平川佳子さん(70)は、「まさか自分が表彰されるとは思ってもなかったので戸惑っていますが、ありがたいこと」と謝辞を述べ、原島会長について「行動力と責任感があり、会館建設を実現してくれたことに感謝しています」と称賛していた。

 千葉県から日系3団体(文協、援協、県連)への寄付金贈呈の後、県人会員の鈴木記久夫氏が万歳三唱を行い、立花マウリシオ第2会長の閉会のことばにより、式典は締めくくられた。

 祝賀会では、原島会長、滝川副知事、河上氏の3人での記念のケーキカットに続き、鏡開きが行われ、睦沢町長の市原氏の乾杯の音頭により、日本から持参された千葉県の銘酒『仁勇』が出席者に振る舞われた。

 万歳三唱を行った千葉県山武市出身の鈴木記久夫氏(77)はこの日の式典について「上出来だった」と笑顔を見せ、「千葉県人会の役員を20年くらい務めてきたが、会館建設も原島会長がいたから実現できた」と節目の年の式典開催を喜んでいた。

2017年9月2日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password