合同句文集「プラナルト」 創立40周年を記念に発行=ブラジリア俳句会

合同句文集「プラナルト」 創立40周年を記念に発行=ブラジリア俳句会
「プラナルト」表紙

 ブラジリア俳句会の創立40周年を記念した合同句文集「プラナルト」が、発行された。

 同会は富樫羽州さんら6人の会員により、1975年9月17日に在ブラジル日本国大使館近くの日系クラブ仮事務所で立ち上げられた。会員の推移はあったものの、現在も12人で月例句会を行っており、2015年9月をもって40周年を迎えた。

 表題になっている「プラナルト」は大統領官邸の「プラナルト宮殿」と、同会以前に存在した句会「プラナルト吟社」からの引用。ブラジリアの日伯社会への敬意を込めた表題が付けられた。

 句集には一つの主題をもとに、会員らが詠んだ30句とそれぞれの俳句への思いや人生を綴ったエッセイ一編を収録。また、俳誌「蜂鳥」の富重久子主宰が祝辞を寄せた。

 富樫さんは「40年間お世話になった数多くの人への感謝の念を新たに、活動を行っていきたい」と、あとがきで思いを綴っている。

2017年3月18日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password