合唱団「梨の木会」 19日に発表会

合唱団「梨の木会」 19日に発表会
新たなシンボルマークを入れたプログラム

 今年で活動44年目を迎える女声合唱団「梨の木会」の発表会が、19日午後2時からサンパウロ市ベラ・ビスタ区の「Fellowship Community Church」(Rua Carlos Sampaio, 107)で行われる。

 当日は25人がステージに立ち、4部構成で歌う。第1部は「フォスター作品と賛美歌」、第2部は「ブラジルに住む私たち」と題して様々な曲を聴くことができる。第3部ではトロンボーン演奏とのコラボレーションで賛美歌メドレーを歌い、第4部では故・永六輔さんを偲んで作品集4曲を披露するなど計約13曲が歌われる。

 今年の3月16日に同会の元指導者である松本美樹子さんが83歳で亡くなり、その思い出を胸にしまいつつ、感謝の気持ちを込めて当日は歌い上げる。

 また、同会では梨の木に「74」の数字を描いた新たなシンボルマークを作り、今後も会が続くようにと意気込む。

 来社した宮島紀子さん、田中美智子さん、右近和子さんは、「カラオケも良いですが、音の響きが良い歌をぜひ聴きに来てください。土曜の午後に楽しいひと時を過ごしていただけるように頑張ります」と当日の来場を呼びかけた。

 問い合わせは右近さん(電話11・5594・5257)まで。

2018年5月15日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password