因縁のコロンビアに敗戦 ネイマールは次戦出場停止=コパ・アメリカ

150619-neymar-soccer
ネイマール(中央)にとって因縁の対戦相手(Foto: Rafael Ribeiro / CBF)

 チリで開催中のサッカーのコパ・アメリカで17日にC組の1試合が行われ、ブラジルはコロンビアに0―1で敗れた。ネイマールは試合終了後に退場処分を受けたため次戦のベネズエラ戦で出場停止となり、さらに最低もう1試合出られない可能性がある。18日付フォーリャ、エスタード両紙が報じた。

 コロンビアは序盤から試合の主導権を握り、前半36分にDFムリージョがFKのこぼれ球から先制点を決めた。ブラジルはネイマールを中心に決定機を作ったが、相手GKが飛び出して無人となったゴールへのシュートをFWフィルミーノがミスするなど決定力を欠いた。

 試合終了後にはネイマールが大きく蹴ったボールが相手選手に当たり乱闘騒ぎに発展。ネイマールとカルロス・バッカが退場処分となった。なお、ネイマールは前半にハンドの反則で今大会2枚目のイエローカードを受けており、この時点で既に次戦の出場停止が決まっていた。

 昨年のサッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル大会でネイマールが骨折した「因縁」の相手であるコロンビアが、就任後11連勝を飾っていたドゥンガ監督に初黒星を与える結果となった。

 17日時点でC組はベネズエラ、ブラジル、コロンビアが勝ち点3で並んでいる。ブラジルは21日にベネズエラと予選リーグ最終戦を戦い、各グループの上位2カ国と各グループ3位のうち成績上位2カ国が準々決勝に進出する。

2015年6月19日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password