図案師・古城里紗展 切り絵体験も実施

図案師・古城里紗展 切り絵体験も実施
古城氏の作品(提供写真)
図案師・古城里紗展 切り絵体験も実施
古城氏の作品(提供写真)

 在サンパウロ日本国総領事館は、図案師の古城里紗(こじょう・りさ)氏を日本から招き、今月24日と25日の2日間、サンパウロ市ベラ・ビスタ区内のジャパン・ハウス(Av. Paulista, 52)で同氏に関するイベントを開催する。

 同氏は、東京を中心に活動する図案師(着物の柄を作る職人)で、米国ニューヨークのSchool of visual Artsを卒業し、グラフィックデザイナーとして活動した後、帰国。2010年に、日本の伝統工芸職人との出会いをきっかけに図案師になったという。

 関連イベントは次の通り。

【24日】 
 ミニ展示=午前10時~午後10時。講演会=午後2時から「日本の四季が育む伝統デザインの独自性と、職人の手業が未来に紡ぐカタチ」。切り絵体験=午後4時。

【25日】
 ミニ展示=午前10時~午後6時。切り絵体験=午前11時と午後3時。
 各イベントの1時間前に整理番号が受付で交付される予定。詳細は同総領事館(電話11・3254・0100)まで。

2018年2月20日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password