国内最大チェーンによる同8位の買収が承認

 日本の公正取引委員会に相当するブラジルの機関、経済防衛行政審議会(Cade)は、今年2月末に発表されたブラジル国内最大の医薬品小売チェーン「ライア・ドロガジル」(Raia Drogasil S.A.)による国内8位の薬局チェーン「ドロガリア・オノフレ」(Drogaria Onofre)の買収を何の制限も付けずに承認した。ライア・ドロガジルが20日に公表、伯メディアが同日付で伝えた。ライア・ドロガジルは、買収は今年7月1日に完了する予定だとしている。

 現在サンパウロ州、リオ州、ミナス・ジェライス州で50店舗を展開しているドロガリア・オノフレは、1934年にリオ・デ・ジャネイロ州ニローポリス市内で創業されたブラジルの薬局チェーンだが、2013年に米国のドラッグストアチェーン「CVS」によって買収された。ドロガリア・オノフレはブラジル国内で最初に医薬品のディスカウント販売を行った薬局チェーンであり、99年にはやはりブラジル国内で初めて、インターネットによる医薬品の販売を開始した。18年の総売上高は4億8000万レアル(約144億円)。

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password