在リオ総領事館安全情報 レブロン区で邦人窃盗被害

 在リオ日本国総領事館が同インターネットサイト上で発信している安全情報によると、1月31日午後10時頃、リオ市内レブロン地区のPlataforma(ショーレストラン)前の屋外駐車場で邦人が被害者となる窃盗事件が発生したという。

 被害に遭った邦人は、知人との会食のためイパネマ地区の飲食店に運転手付きの車両で訪問。その間、運転手はレブロン地区の前述駐車場で待機していた。

 運転手が用を足すため15分ほど駐車場を離れてから同所に戻ってみると、車両の鍵がこじ開けられた状態になっており、車内にあった邦人及び運転手のカバンが盗まれていることに気付いた。邦人のカバンの中には現金や私物等が入っていた。

 窃盗被害を把握後、邦人は速やかに文民警察観光警察署(DEAT)に向かったものの、同地では文民警察によるストライキが継続されており、その場では被害届を受理してもらえず、翌日、インターネットで改めて被害を申告したという。

2017年2月16日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password