在聖日本国総領事館 栁澤智洋領事が離任

在聖日本国総領事館 栁澤智洋領事が離任
来社した栁澤領事

 今月17日付で離任する在サンパウロ(聖)日本国総領事館の栁澤智洋領事(42、長野)が、あいさつのため来社した。

 栁澤領事は、2015年にジャパン・ハウス(JH)立ち上げ時に採用され、同年3月に着任した。

 広報文化班、JH班として、約3年間の任期前半は留学・学術交流を担当し、後半は文化担当として日系社会のイベントに数多く足を運んできた。

 元々、ペルナンブコ州レシフェ市の建築事務所で働いていた栁澤領事。最も印象に残ったのはJHのオープニングだという。「JHはサンパウロがパイオニアとしての役目を担うため、日本人の緻密(ちみつ)さ、丁寧さから生まれるものを、ブラジル人が見たいものとミックスしながら見せていきたいと思っていた」と振り返り、「自分が開設に携わったJHを、家族にも見せたい」と胸の内を語ってくれた。

 栁澤領事は「サンパウロは日本から遠いと思っていたが、日本よりも日本らしさを感じることができた。とても良い勉強になった」と振り返った。

2018年2月15日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password