在聖総領事館安全情報 邦人被害の窃盗・強盗事件

 在サンパウロ(聖)日本国総領事館の安全情報によると、10月26日正午頃、聖市リベルダーデ区グリセリオ街498番地の交差点付近で邦人が乗車した車輌が強盗被害に遭う事件が発生したという。

 被害者は、運転手が運転する車でボン・レチーロ区からアクリマソン区のレストランに向かう途中、同交差点で信号待ちで停車していたところ、賊1人が路肩から現れ、鈍器のような物で助手席の窓ガラスを破壊し、車両前方に設置していた運転手の携帯電話を奪い、走って逃走した。

 窓ガラスの破片が車中に散乱したが、同乗者及び運転手に身体的被害はなかった。

 被害は、携帯電話。

 また、同28日午後2時頃、聖市セントロ区ジョン・メンデス広場付近路上で邦人被害の窃盗事件も発生。被害者がレストランで食事後に店内で携帯アプリを使用しタクシーを呼び、タクシーが到着したため手に携帯を持ったまま店外に出たところ、自転車に乗った賊1人に携帯電話を引ったくられた。被害者に身体的被害はなし。

 被害品は、携帯電話。

2018年11月8日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password