地下鉄・鉄道の行商 昨年同時期から大幅に増加=サンパウロ

 経済危機と失業増加の中、サンパウロ市の地下鉄(メトロ)や近郊都市鉄道(CPTM)の車内や駅で行商人が急増しているとフォーリャ紙が19日付で伝えている。

 年初からの8カ月間のメトロでの商品押収件数は7134件で、昨年同時期の4228件から69%増加した。CPTMでは今年になってから3万8447件の押収が記録されており、昨年同時期の2万6464件から45%の増加となっている。

 この増加に伴い、CPTMで押収された商品の総点数も、昨年度の108万6793件から121万6971件へと12%増加している。メトロではこの数字を明らかにしていない。

 鉄道の利用者達による通報が増えたことも、押収件数増加に関係しているとみられる。通報の大半は、携帯電話のショートメッセージを利用したものだという。CPTMでは年初からの8カ月間に、行商人の違法販売に関する7160件の通報メッセージを受け取っており、昨年同時期の2635件から170%増えているという。

 このショートメッセージは匿名性を保証したもので、CPTMは利用者に対し、行商人の外見や商品の種類、車両やラインの番号、近くの駅などの情報を記入して送信するよう推奨している。

 こうした種類の販売行為は行政違反として分類されており、行商人を駅や車両内から退去させたり、商品を押収したりするが、それ以上の処分は行われないという。

 CPTMは声明で、「利用者が、列車内で商品を購入しないという意識もこの問題の解決策」だとし、さらに、「出所の疑わしい商品を購入するリスクがあり、多くの場合、期限切れや期限をごまかしている可能性がある」と注意を促している。

 一方で多くの場合、利用者は商品を購入し、保安職員の摘発から行商人達をかばっている。というのも、行商人達が誰にも損害を与えていない事がわかっているからだという。

 サンパウロ市在住の男性(50)は、失業率の高さや経済危機から列車内での行商の増加は理解できるとして、「何も買わない。でも批判もしない」と述べている。そして、「残念な事に、多くの父親や母親達が、家族を支えるために行商をしている」と付け加えている。国内では昨年1年間だけで150万人の正規雇用が失われた。

 メトロは声明で、違法販売への対策のため制服および私服の保安職員が捜査に当たっていると述べている。

2016年9月21日付け

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password