変わる地球環境(終) 人間が生存できない暑さに? 特別寄稿 成田修吾

 このまま地球温暖化が進行すると、南アジアの一部は人が生きていけないほどの暑さに見舞われるという研究結果が発表された。最も深刻な影響を受けるのはインド北部、バングラデシュ、パキスタン南部。世界人口の5分の1に相当する15億人が暮らす地域だ。南アジアで最も貧しい地域の一つでもあり、多くの人が何時間も屋外での厳しい農作業に従事し、自給自足に近い生活を送っている。

 「彼らは気候変動の影響を受けやすい状況にあります」と、今回の研究を行った米マサチューセッツ工科大学(MIT)の環境工学教授エルフェイス・エルタヒール氏は話す。 オンライン科学誌「Science Advances」に発表された論文によると、このまま炭素排出量を抑制しなかった場合、数十年以内に命の危険を伴う熱波が発生し、一帯の食料供給の大部分を担う肥沃なインダス川、ガンジス川流域が壊滅的な被害を受けかねないという。

 ただし、15年のパリ協定で誓約した通りに炭素排出量を削減すれば、リスクを大幅に減らすことができる。「この地域で暮らす人々の命は、炭素排出量を削減できるかどうかにかかっています。これは抽象概念などではありません」(エルタヒール氏)

 南アジアはすでに世界で最も暑い地域の一つだが、エルタヒール氏らは最先端の気候モデルを使用し、南アジアの将来の温度と湿度を予測した。米海洋大気局(NOAA)国立気象局のヒート・インデックスによると、気温34・4℃、湿度80%の場合、体感温度は約54℃となる。何らかの方法で体を冷やさなければ極めて危険とされる温度だ。

 人が生きるか死ぬかに関わる暑さの指標は、気温と湿度を組み合わせた「湿球温度」で表すことができる。湿球温度が35℃(例えば気温約38℃、湿度85%)に達すると、人体に備わる冷却機構だけでは数時間しか生きられない。今のところ、この条件を満たす気候は非常に珍しい(35℃より低い湿球温度でも命取りになることはある)。インドでは現在、人口の約2%が32℃に近い湿球温度にさらされることが時折ある。論文によれば、このまま炭素排出量を削減しなかった場合、2100年までにこの割合が約70%に上昇するという。さらに、約2%の人は、生存の限界である湿球温度35℃にさらされるようになる。

◆熱波が移住を促進

 気候と移住を専門とするカナダ、ウィルフリッド・ローリエ大学のロバート・マクレマン氏によれば、田舎の貧しい人々は酷暑に対処するすべがなく、水と食料、涼しさを求めて都市に移り住む傾向があるという。

 「バングラデシュで行われたある研究は、洪水よりも酷暑による移住の方が多くなることを示唆しています」と同氏は言う。

 酷暑より海面上昇の方がはるかに注目を集めており、多くの研究が行われているが、実際は、酷暑の方がもっと早く、大きな影響をもたらす可能性がある。しかし、まだ現実的な解決策は提示されていないそうだ。

 16年にオレゴン州ポートランドで開かれた会議では、米国北西部の都市の代表者が集まり、カリフォルニア州や南西部からの移住の増加にどう対応するかを話し合った。講演を行ったマクレマン氏によれば、移住の理由は暑さから逃れるためだという。

 「各都市の職員たちは移住の増加を認識しており、どのように対応すべきか頭を悩ませています」

 フロリダ州をはじめとする南東部の各州でも、酷暑が深刻化すると予想されている。しかし、気象学者で気候の専門家でもあるミシガン大学のリチャード・ルード氏によれば、最も危険な地域はミネソタ州からミシシッピ川渓谷に沿ってニューオーリンズへと至る米国の中央部だそうだ。

 「沿岸州の猛暑は海によって和らげられていますが、セントルイスやシカゴではしばしば、高温多湿の気候が長く続くのです」。米国の気候変動による気温上昇はわずか1℃だが、すでに記録的な熱波を何度も経験している。このまま炭素排出量を削減しなかった場合、平均4℃以上は気温が上昇すると予測されている。そうなれば、「全く違う世界になるでしょう」とルード氏は警告する。

 米国ではこの20~30年間に、多くの定年退職者や仕事を持つ若者などが北から南へと移住した。ルード氏は、今後は南の人々が厳しい暑さから逃れるため、北への回帰が起きるだろうと述べている。

 同氏によれば、中東やアフリカの一部ではすでに、人々が酷暑と干ばつを理由に移住を始めているという。(おわり)

2018年6月13日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password