多発する落雷事故

 ビラ・ロボスで職員重体 死亡者は1年間で平均132人
 【既報関連】例年に比べて雨量が多い聖市では、落雷事故による被害が相次いでいる。20日には市内のビラ・ロボス公園で落雷事故により同公園職員の女性が負傷した。関係機関によると、伯国内では一日に平均2万4千回の稲妻が発生し、落雷による死亡者は1年間で平均132人に上っているという。雨期はまだしばらく続くため、落雷に注意が必要だ。
 20日午後4時頃、聖市西地区のビラ・ロボス公園で雷が発生し、同公園警備員のマリア・パレシーダ・ブエノさん(45)に落雷が直撃した。マリアさんは市内のクリニカス病院へ搬送され現在入院中。死因は落雷による感電死。同公園事務所によると、ブエノさんは子ども広場を自転車で巡回中、雨が降り出したため近くのトイレの軒下で雨宿りをしていたところ、落雷に遭ったという。

 同公園では、2001年にも子ども2人が落雷で死亡する事故が起きている。当時15歳の男児がキオスクで雨宿りしている際に落雷に遭い、当時12歳の女児はサッカーグランドを横切ろうとして落雷に遭遇した。
 週末には2~3万人の市民が運動のために同公園を訪れる。気象専門家によると、平坦で建物のないこのような公園や牧場、農場などは雷を伴った雨が降った場合、落雷事故の危険性が高いので注意が必要だという。

 伯国は世界有数の落雷発生国
 サンパウロ総合大学(USP)の電気技師、アレシャンドレ・ピアンチーニ氏によると、伯国では15万人に1人が落雷事故に遭うとし、米国の50万人に1人に比べて事故確率が3倍以上高くなっている。この数字は地域や場所によって異なるが、都市部では落雷事故は少なく、地方が多いというのが特徴だ。

 伯国内では1年間に5千万回の稲妻が発生し、一日当たり2万4千回の稲妻が各地で見られることになる。これは、ブラジルが熱帯から亜熱帯地域に位置するためで、世界で最も雷が発生しやすい国の一つだと言われている。この10年間の観測調査によると、1年間に平均132人が落雷事故で死亡している。

 国立宇宙調査研究院(INPE)では、雷を伴った降雨の場合、建物の屋上や屋根、牧場、農場、公園など平坦で周囲に何もない場所から速やかに避難することを勧めている。また、大きな樹木の下やトラクターなどの車両、さらに海、湖、プールも感電の可能性が高いため近づくのは危険とされている。
 さらに、住宅や建物の中では電気製品を極力触らないことで感電を避けるよう注意喚起している。

2011年2月22日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password