好調の片面段ボール 前年比2.7%増に予想修正

 主に工業製品の梱包材、緩衝材として用いられる片面段ボールの2017年7月の販売量は前年同月に対して2.60%増、前の月に対して2.23%増(季節調整値では1.44%増)の28万8255トンだった。今年1~7月累計の販売量は16年同時期に対して3.07%増の193万2000トン。ブラジル片面段ボール協会(ABPO)が8月29日発表、伯メディアが同日付で伝えた。同協会は「販売の伸びの継続は企業家の景況感の改善に沿ったものだ」との声明を発表。ここまで好調に推移していることから、17年の年間予想を従来の前年比2.0%増から同2.7%増へと改めた。

2017年9月9日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password