工業用化学品、国産品の販売伸びる

 ブラジルで製造された工業用化学品の2018年1、2月累計の国内販売量は17年同時期を6.25%上回った。その一方で、工業用化学品の今年1、2月の輸入量は17年同時期よりも26.4%少なかった。ブラジル化学工業会(Abiquim)がまとめた速報値として伯メディアが3日付で伝えた。同会は「販売改善と輸入減少の複合効果は国内需要への対応における国内製造者のシェア獲得に反映されている」としている。なお、工業用化学品の今年1、2月の生産は17年同期比で5.91%落ちた。これは、メンテナンスのための予定通りの操業停止と、今年1、2月の営業日数が昨年同時期よりも少なかったことに起因する。

2018年4月7日付け

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password