市民の51%が大統領を「信頼しない」 Ibope調査

 ジャイル・ボルソナロ大統領(PSL=社会自由党)率いる現政権を「是認する」と「否認する」はいずれも32%──。全国工業連合(CNI)の依頼を受けたブラジル世論調査・統計機関(Ibope)が2019年6月20~23日に全国の126市で市民2000人に対して実施した調査の結果として伯メディアが27日付で伝えた。
 今回の調査では、ボルソナロ政権について「最高/良い」と回答した市民は全体の32%、「普通」としたのは同32%、「悪い/最悪」としたのは同32%、そして無回答と「分からない」との回答は合わせて3%だった。
 今年4月にIbopeが発表した同様の調査の結果は、「最高/良い」が35%、「普通」が31%、「悪い/最悪」が27%、そして無回答と「分からない」は合わせて7%だった。
 ボルソナロ大統領の「統治方法」について聞いたところ、市民の46%が「承認する」、48%が「承認しない」と答えた。「分からない」と無回答は合わせて5%だった。
 また「大統領を信頼するか」との問いに対しては46%が「信頼している」と回答、そしてそれを上回る51%が「信頼していない」と明かした。「分からない」と無回答は合わせて3%だった。

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password