市長宅からR$150万押収 不動産収用で詐欺行為か=インダイアトゥーバ

 サンパウロ州検察庁と軍警察は5日、州内インダイアトゥーバ市のレイナルド・ノゲイラ・ロペス・クルス市長(PMDB)の自宅から、伯国通貨とドル・ユーロ札を含む少なくとも150万レアルの現金を押収した。

 同市とブラガンサ・パウリスタ市で行われたこの捜査では、市役所による不動産収用にからむ詐欺行為が指摘されている。G1サイトや地元メディアなどが報じている。

 今回の件に関係する企業がインダイアトゥーバ市内の不動産を購入した後に、市役所が高値を支払って収用した疑いが掛けられている。この余剰資金は、この違法行為に関わった容疑者達に配分されたという。

 インダイアトゥーバ市では、同市役所と市長自宅、そして企業で12件の家宅捜査令状が執行され、市長宅から現金を押収しただけではなく、市長室や企業などでも計40万レアルが発見されている。市役所は声明の中で、この訴えを調査するため、検察庁からの公式発表を待ってから、適切な弁護を行うとしている。

 同市長はメディアに対し、自宅で発見された現金は家族の事業によるものであり、市役所の不動産収用とは何の関係もないと主張。市が高値を払ったとの疑いも否定した。

 ブラガンサ・パウリスタ市では同市役所とフェルノン・ジアス市長(PT)宅で2件の強制捜査令状が執行され、自宅からは4丁の銃火器が発見された。同市役所は声明で、市役所内からは現金は発見されておらず、銃火器に関しては、同市長が警察署長であるため、これらの銃火器は全て登録されていると弁護している。

 ジアス市長はメディアに対し、違法な不動産収用に関わった事を否定。「自分の市役所内からは何も発見されてはいないし、自分の政権の中では、どのような収用も行われてはいない」と主張している。

 今回の捜査は、特別機動隊(Baep)からの180人の部隊の支援を受け、裁判所の検察総局から任命された検察官によって執行された。押収した現金はノゲイラ市長自宅からカンピーナス第一地区警察まで現金輸送車で運ばれたという。

 同市役所の建物は当日午前6時頃に機動隊部隊によって包囲され、捜索が行なわれた。包囲中に通勤で到着した市役所の職員達が役所内に入ることを許可されたのは、捜査が終了した午前11時ごろだった。

2015年10月8日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password