憩の園第8回6月祭 「踊りを一日楽しんで」

憩の園第8回6月祭 「踊りを一日楽しんで」

 救済会憩の園(佐藤直会長)主催の「第8回フェスタ・ジュニーナ(6月祭)」が、11日午前10時から午後4時半までサンパウロ(聖)州グアルーリョス市アグア・シャッタ区の同施設(Rua Jardim Repouso São Francisco, 881)で開催される。

 会場ではシュラスコやパステル、焼きそば、ギョーザ、天ぷら、かき氷、綿菓子など日伯両国の料理を販売。また、温かいワイン、ケントン(生姜とニッキの酒)など、フェスタ・ジュニーナ定番の飲み物も用意される。

 アトラクションでは、マジックショーやセルタネージョのショーがあり、最後は全員でクアドリーリャを踊って閉会となる。

 当日は同施設の近郊にある日系学校(Instituto Ensino Coração de Maria)に通う約300人の生徒が同祭に協力する。

 案内に来社した佐藤会長と岩本卓ジェロニモ、秋村寿治両常任理事は「フェスタ・ジュニーナの食べ物を食べて、ダンスを踊って一日を楽しんで下さい」と来場を呼び掛けた。

 当日は、聖市リベルダーデ区のニッケイ新聞社前(Rua da Glória, 326)から送迎バスが午前9時と同9時半から運行される。バスの運賃は往復10レアル。入場無料。復路は同園を午後4時に出発する。

 問い合わせは同施設(電話11・2480・1122)まで。

2017年6月8日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password