憩の園(旧救済会)に手をさしのべよう㊤ 特別寄稿 網野 弥太郎

 2018年1月30日午後7時に、私たちは前会長、現理事吉安園子氏よりの招集がありぜひ出席して憩の園の再建についての会合に出席して欲しいとの話をいただきました。

 当日、本田理事から憩の園の現状、特に財政事情についての説明があり、最近の日系社会に関する高齢者化と日系子弟の出稼ぎ等で経済事情で収入不足の為に園の財政を圧迫させており、ここ数年、毎月の収支で支出が収入を上回り、毎月25万レアルの赤字を計上しているというのです。ざっと計算しても年に300万レアルの赤手が出ていることになります。

 このような状態になるまで理事会、園の職員がどうしていたのか?。その疑問に出席者一同が当日感じたことです。本田専任理事の説明を聞いて納得しました。こういう事です。最初入園希望者が園から出した条件を上回り最低給料の4倍から6倍の額を提示され承認して入園したがその家族の家長の死亡、高齢化、子弟の日本への出稼ぎ等の理由で、賄えるはずの入園料の収入が激減してきた理由と入園した人々の高齢化(医師、看護師、栄養士などのおちからによって)した為に現在90歳の長寿者を越えて元気な人がいると説明があり、少し納得できた次第です。

 因みに、入園者の年齢内訳は80歳未満14人、80歳~89歳33人.90歳~99歳21人、100歳以上1人で計69人。職員数は全てで97人(夜警、運転手まで入れて)毎月の総経費が46万レアルだそうです。ここ数年の赤字は特別寄付、バザーの収入、リファ販売、寄付された土地の売却などでこれを充当してきたと説明されました。理事の方々のご苦労が理解されます。さて、入園者の内訳は1世が45人、2、3世が29人で都道府県別では東京出身が10人、熊本が4人、北海道が3人、高知3人、福岡2人、三重2人、山口2人、以下愛知、愛媛、福島、岐阜、広島、鹿児島、兵庫、京都、長野、長崎、岡山、沖縄、大阪、静岡、富山、山梨が各1人ずつ。また2、3世の場合に見るとアラサツーバが4人、コンキスタ(マッド・グロッソ)2人、グウイサラ2人、サンパウロ2人、以下アダマンチーナ、パストス、ビリグイ、クリチバ、イグアッペ、イタリリ、モジ・ダス・クルーゼス、ピラジュィ、ペドロ・デ・トレード、ペレイラ・バレット、プレジテンテ・プルデンテ、プレジテンテ・ヴェンセスラウ、レジストロ、タボン・ダ・セーラ、タクワリチンガ、ツッパンが各1人ずつとなっております。保護者内訳は息子、娘35人(49%)、親戚が31人(30%)、家族など15人(21%)の状況で、訪問は15日に1回が31人、過去1回が21人、月に1回が2人、時々が2人、全然なしが15人と疎遠になっているのが現状にあります。この様な状態で憩の園の経営が困難になっているのが現状で、その分理事会、職員にかかってくる負担が大きいと言わねばなりません。(つづく)

2018年3月13日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password