戦後移住60周年祭 「理解と協力を」

 【既報関連】戦後移住60周年記念祭の実行委員長を務める川合昭秋田県人会長が、県連の園田昭憲会長と発起人で副実行委員長の中沢宏一宮城県人会長とともに本紙を訪れ、「式典開催まで時間がないが各団体の理解と協力をお願いします」と頭を下げた。

日本祭りに出展する戦後ブースの内容や、どのような60周年記念誌を作成するかについては未定。「とにかく急がなければならないが、まずは戦後移住者の皆様のご理解をいただきたい」と語った。

次回の委員会は24日午後2時から。聖市リベルダーデ区の宮城県人会(Rua Fagundes,152)で。

2013年1月22日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password