文協 図書・映画だより 『百年法(上・下) 山田宗樹』

 『生存制限法(通称=百年法) 不老化処置を受けた国民は処置後百年を以て生存権をはじめとする基本的人権はこれを全て放棄しなければならない』

 原子爆弾が6発投下され、太平洋戦争が終結した日本。GHQはすでにアメリカで実用化されていたヒト不老化技術・HAVIを日本に導入した。その導入と同時に義務として制定されたのが生存制限法、通称「百年法」である。永遠の若さを得た日本国民だが、世代交代を促すため、不老処置を受けた者は100年後に死ななければならない―。

 2048年、架空の日本。そんな世界を舞台に始まるこの本は、人間がヒト不老化技術を受けた時の年齢の体のままで生きている―などという想像もつかない設定だ。こんなSFチックな帯を見たら、普段であれば興味も持てず、読もうとは思わなかったはずだ。しかし日本のテレビなどで話題になったことを覚えており、何となく手にしたこの本をめくり始めてみたのだった。

 ストーリーはまず、日本が不老不死化導入後初めての100年を迎えようとしているところから始まる。施術をして100年経った人は自ら安楽死しなければならない、という現実を付きつけられていた。不老不死により失業者が増え、経済衰退、少子高齢化、格差社会が顕著となって発展どころか衰退していく日本を危惧した一部の政治家は、「百年法」を確実に施行させるために奔走する。政治家から見た「百年法」と一般市民から見た「百年法」。どちらの側からも描かれてあり、その2つの側面が交錯するから面白い。平日の深夜であるにもかかわらず、読む手は止まらなくなっていった。

 様々な角度や目線でストーリーが展開するのだが、身の保身や自分が伸し上がるための画策をする政治家、そんな政治家に不信どころか関心も持たない一般社会の人間模様は、現在社会そのものといった感じだ。不老不死になっても欲求や考え方は変わらないものだと、失笑してしまった。

 「死にたくない」―。その時にならなければ分からないが、自分自身が死と向かいあった時、やはりそう思うのだろうか?そもそも100年の制限を設ける必要があるのであれば、なぜ『不老不死』を導入したのか?SF的設定とはいえ、疑問ばかりが湧いてしまう。

 昔から仏教でも『四苦』と言われ、生老病死は何人たりとも逃れられないものだとされている。なぜ人間は生まれてきて、なぜ生きていくのか?死が訪れるまで、人として生きていく幸せとは何か―?自然の摂理に逆らい捻じ曲げようと足掻けば足掻くほど、現実から逃げようとすればするほど、蜘蛛の糸に絡まって解けなくなる。作者・山田宗樹氏の意図は分からないが、この本は私にそう訴えているような気がした。

 偶然に手に取った本ではあったが、それは偶然ではなく必然、何かのご縁―。上下巻それぞれ約400ページを3晩ほどで読み終え、寝不足になったことは言う間でもない。皆さんも『ご縁』でつながる本を探しに、ぜひ図書館に足を運んでみては?

【お知らせ】
 文協図書館は小説や雑誌、実用書、子供向けなど多種多様の蔵書が数多くそろっています。閲覧は自由ですので、ぜひご来館下さい。開館時間は、火曜~土曜の午前9時~午後5時半。

2016年1月12日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password