日本祭りで物産展 14社が25品目を出展=ジェトロ

日本祭りで物産展 14社が25品目を出展=ジェトロ
来社した大久保所長、山本理事(左から)

 【既報関連】ジェトロ・サンパウロ事務所(大久保敦所長)は、20~22日に開催される県連(山田康夫会長)主催の第21回日本祭りで実施する「物産展(ジェトロ・ブース)」で、日本の14社が25品目を出展するとし、案内のため大久保所長と山本裕也理事が来社した。

 両氏によると、県連との連携による日本祭りでの県産食品の販路開拓を目的にした物産展は今回が初めてで、全国12県14社が25品目を出展するという。

 今回出展されるのは、北海道、福島、東京、富山、山梨、岐阜、静岡、愛知、京都、福岡、熊本、沖縄の各県からそれぞれ日本酒・ビール、菓子類、調味料関連などの企業の製品で、期間中は試食(品数に限りあり)も行われる。

 来社した両氏は、「会場での試食を通じてアンケートを取り、日本側の各企業に送って製品輸出の機会をうかがうとともに、ブラジル側バイアーへの紹介を行うなど、商談前の助走をジェトロでお手伝いできれば」と説明し、物産展による販路開拓に期待している。 

2018年7月18日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password