日本移民107周年 聖市で慰霊ミサと仏式法要

150619-imin107-saogoncaro
ミサに出席した日系団体代表及び来賓と一般参列者

先人の遺徳を偲び足跡振り返り

サンゴンサーロ教会ミサ
 ブラジル日本移民107周年を記念した毎年恒例の行事が18日、サンパウロ(聖)市内にあるサンゴンサーロ教会での慰霊ミサ、イビラプエラ公園内開拓先亡者慰霊碑前及びリベルダーデ区文協記念講堂での仏式法要がそれぞれ執り行われた。一般参列者が年々減少する傾向にある中、各行事には中前隆博在サンパウロ総領事をはじめ、文協、援協、県連など各日系団体関係者たちが出席。先人の遺徳を偲び、その足跡を振り返った。

【関連】イビラプエラ慰霊碑追悼法要=移民107周年

 午前8時からはセントロ区のサンゴンサーロ教会で先駆者慰霊ミサが行われ、昨年より40人も少ない約70人が参列した。

 ミサはフレイ・アレシオ神父の日本語の説教から始まり、続いて文協の呉屋春美会長をはじめ、日系諸団体代表及び在聖総領事館の飯田茂領事部長らがそれぞれ祈りの言葉を述べた。

 ミサに訪れた瀧本エドアルドさん(71、2世)は「昔は仕事をしていたから来れなかったが、退職を機に10年前から来るようになった。父が移民としてブラジルに来たということを忘れないために来ている」と語った。

 錦田カズエさん(75、3世)は「子供の頃から来ている。母は2世だが、『移民の日』のミサだけは絶対参加してほしいと言っていた。成人してからも毎年参加している。参列者は減ったが、また戻って来ると思う。私たちの祖父たちが頑張ってくれたから、今の私たちがある。それに感謝したい。若い3世、4世には、もっと日本移民に関心を持ってほしい」と若い日系人への希望を語った。

 ミサの後はカフェや軽食が振る舞われ、参列者たちは交流を楽しんだ。

2015年6月19日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password