日系作家アカデミー 24日に3人が講演会

日系作家アカデミー 24日に3人が講演会
案内に来社した桜井セリア氏と宮村会長(左から)

 ブラジル日系作家アカデミー(宮村秀光会長)は、 日午前 時からサンパウロ市レプブリカ区のAcademia Paulista de Letras(Largo do Arouch, 324)を訪問し、講演会を行う。

 当日は、宮村会長から同アカデミーの紹介がされる他、3人による講演が予定されている。

 タカラ・アレクサンドレ氏は、日系文学がイタリアやポルトガルなどの他の移民の文学と比べて、ブラジルでどう位置づけられているかを論じる。ポルトガルのリスボン大学とアメリカのフロリダ大学で客員教授を務めるマルチンス・ジョゼ・デ・ソウザ氏は、Academia Paulista de Letrasの組織や歴史についての講演をする。最後に、サンパウロ大学の脳科学者のラウル・マリノ氏は、日本人の脳構造の特徴に関する自身の研究について講演を行う予定だ。

 案内に来社した宮村会長は、「文学に興味のある方や、日系文学の現状やサポートの必要性などを知りたい方などに来てほしい」と来場を呼び掛けた。

 入場無料。当日の受付は午前9時半まで。問い合わせは宮村会長(電話11・98296・8834)まで。

2017年6月22日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password