旧コチア産業組合関係者 23日、第60回合同慰霊祭

旧コチア産業組合関係者 23日、第60回合同慰霊祭
村田さん、長田会長(左から)

 下元家、コチア旧友会(長田勝会長)、コチア青年連絡協議会(前田進会長)共催の「第60回旧コチア産業組合関係者合同慰霊祭」が、23日午前8時からサンパウロ州タボン・ダ・セーラ市のサンタ・テレジーニャ教会(Rua Tereza Maria, 42)、午前11時からサンロッケ市の国士舘大学スポーツセンター(Rodovia Bunjiro Nakao, km 48, Estrada do Carmo, 801, Carmo)でそれぞれ行われる。

 1956年に亡くなったコチア産業組合創設者・下元健吉氏の命日である9月25日の前後に毎年行われてきた同慰霊祭は、今年で第60回目の節目を迎える。当日は、コチア産業組合の元専務で創立者の次男に当たる慶郎さんも出席する。

 来社した長田会長、コチア青年の村田重幸さんは「先没者やコチア青年、関係者などに追悼の祈りを捧げる場だ」と同慰霊祭について語り、当日の参加を呼びかけた。

2017年9月16日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password