時代の流れに逆行、再考を 各国から継続を願う声が続出

JRパス在外邦人購入資格撤廃問題で

 【既報関連】「海外観光客2000万人時代に逆行する『ジャパン・レールパス(JRパス)・海外在住邦人の購入資格撤廃』の再考をJRグループに強く求めます」――。JRグループが同パスについて昨年11月半ばに海外在住邦人等を切り捨てることを発表した問題で、撤廃反対署名運動を展開している「ジャパン・レール・パスを考える在外邦人の会」は、インターネット上で購入資格継続を求める世界各国から書き込まれたコメントを発表している。ブラジルからも文協、県連などの日系団体を通じての嘆願書がJRに送付されているが、JR側からは正式に何の返答もなく、「無視」を決め込んでいる状態だ。同コメントの一部を抜粋して紹介する。

◆シンガポール在住男性

 「家族で日本国籍は私一人。日本に帰った時、私一人だけその都度切符を買うの?何の為の海外在住日本人排除なのでしょうか?」。

◆スペイン在住女性

 「初めて使おうと思ったら期限が迫ってて焦りました。こんな殺生なコトありません!! なんで旦那は使えるのにウチは使えへんようになるのか。残念でなりません。是非とも(撤廃を)廃止して欲しいです!!」。

◆イスラエル在住女性

 「日本のパスポート、国籍は持っていますが、住民票は既に日本から抜いていますし、現地国でしっかり税金を納めています。世界には現地で家族を持った沢山の日本人がいます。そういう状況で『日本人だから』という理由でパスを利用できないのは不当としか言いようがありません。私たちは日本人とはいえ、実家に帰るのに20時間以上かけて、飛行機を乗り継いでやって来るのです。しかもそれが往復で費用も莫大です。一度帰国したら家族の為に少なくとも1週間は日本国内旅行をガイド、通訳します。パスがないと非常に困ること、お分かりいただけますか。どうか別の解決策の検討をお願いします」。

◆米国ニューヨーク在住男性

 「海外の永住資格を持つ日本人だけを利用資格から排除するという理由を明確にして欲しい」。

◆フランス在住女性

 「来年、日本に家族と一緒に帰って、いろいろ旅行しようと思ってたのに、廃止になったらそれもできません。せっかく家族に日本各地を見せられるチャンスなのに、すごく残念です」。

◆オランダ在住女性

 「家族全員での帰省を楽しみにし、外国人の夫や子供に日本の色々な場所を見せたい、訪れたいと思っていても、旅費の捻出に苦労しているのが現状です。JRパスはそんな中でも有り難い存在です。あり続けてほしいです。家族との旅行日程を立てることが難しくなるのは非常に苦痛ですし、JR側も指定席予約などで煩雑さが増す、顧客満足度が低下するなどの弊害があるのではないでしょうか?在外邦人が日本での外国人の観光に帯同したりして観光産業に貢献していることについて、もっと配慮してほしいと思います」。

   ◎   ◎

 ブラジル各地に在住する邦人たちのコメントは次の通り。

◆サンパウロ(聖)市在住男性

「ジャパン・レールパスの利用資格の再考をお願い致します。今年、家族4人で新幹線で旅行を計画しておりましたが、レールパスが廃止になった為、旅行を断念しました」。

◆パラー州ベレン市在住女性

 「移住者および重国籍者のみならず、海外に仕事で永住している日本国籍者も日本を観光する資格がない者として扱われている事や言っているよう聞こえる」。

◆聖州アルジャー市在住女性

 「幼いときに親に連れられ移民し、いまやっと日本へと考えている80歳前後の人たちがブラジルにはまだまだいます。その人たちが可愛そうです」。

2017年2月16日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password