最も影響力のある ブランドはグーグル

 市場調査会社のイプソス(Ipsos)は6日、ブラジル全国の2016人から回答を得たオンライン調査の結果、検索エンジンやソフトウェア、オンライン広告などのインターネット関連のサービスや製品を提供するグーグル(Google)が2年連続でブラジル人にとって最も影響力のあるブランドに選ばれたと発表した。

 同日付で伝えた伯メディアによれば、グーグルに次ぐ2位は動画共有サイトのユーチューブ(YouTube)で、3位はソーシャル・ネットワーキングサービス(SNS)のフェイスブック(Facebook)だった。前年の調査では2位だったマイクロソフト(Microsoft)は4位に落ちた。

 5~10位はサムスン(Samsung)、ネスレ(Nestle)、ネットフリックス(Netflix)、コルゲート(Colgate)、アヴァイアナス(havaianas)、カイシャ(Caixa、連邦貯蓄銀行)という結果だった。

2017年4月14日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password