最後の移民船「にっぽん丸」 25日、45周年記念同船者会

最後の移民船「にっぽん丸」 25日、45周年記念同船者会
来社した生駒氏と大立目氏(左から)

 1973年3月27日にサントス港に到着した最後の移民船「にっぽん丸」の渡伯45周年記念同船者会が、25日正午から午後3時までサンパウロ市リベルダーデ区のレストラン「ニュー美松」(Rua Galvão Bueno, 475)で開催される。

 案内に来社した生駒憲二郎氏と大立目(おおたちめ)正美氏によると、これまで節目の年に同船者会を開いており、30周年では120人、40周年では60人がそれぞれ集まったという。

 「今回は渡伯45周年ですが、年々同船者が少なくなっているので、5年後の50周年を前に開催することにしました。同船者はサンパウロをはじめ、ナタールやポルト・アレグレなど全伯に散らばっています。当日の食事の都合があるので、参加希望者は早目にご連絡ください」と当日の来場と事前連絡を呼びかけている。

 会費は1人(大人)90レアル。

 事前連絡先は、生駒氏(電話11・4666・4777)、小池和夫氏(11・8151・5619)、中原節男氏(11・97664・1584)、大立目氏(11・97565・1038、Eメール=masamiotachime2@gmail.com)まで。

2018年3月9日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password