機械装置工業 7月は国内が引っ張る

 国内市場における販売好調のおかげで、ブラジルの機械装置工業全体の2018年7月の売上高は前年同月を10.6%上回る67億9000万レアル(約2037億円)に達した。ただし、前の月に対しては4.1%のマイナス。輸出が7億300万ドルと前年同月を3.3%、前月を20.3%、それぞれ下回った一方で、国内販売が前年同月に対して11.7%、前月に対して10.5%、それぞれ拡大した。18年1~7月累計の売上高は前年同期比4.7%増の421億3000万レアル。ブラジル機械装置工業会(Abimaq)発表として伯メディアが8月28日付で伝えた。

2018年9月7日付け

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password