汚職捜査支持や特権への反対 各地で集会 参加数は伸び悩む

汚職捜査支持や特権への反対 各地で集会 参加数は伸び悩む
リオ・デ・ジャネイロ市のコパカバーナ海岸沿いで行われた街頭行動(Foto: Fernando Frazão / Agência Brasil)
汚職捜査支持や特権への反対 各地で集会 参加数は伸び悩む
ブラジリアの国会前で行われた街頭行動(Foto: Antônio Cruz / Agência Brasil)

 国営石油ペトロブラスを舞台にした汚職を捜査する「ラバ・ジャット作戦」への支持などを表明する街頭行動が26日に国内各地で行われた。同日付の国内メディアは、少なくとも19州および連邦直轄区で実施されたと伝えている。

 ジルマ前大統領の弾劾を求める集会などを主導した社会運動グループにより呼びかけられた今回の街頭行動では、ラバ・ジャット作戦への支持のほか、刑事訴訟関連事案に関する司法手続きが最高裁判所の判断によって行われるとする政治家の特権への反対、選挙を政党への投票とする政治改革案への反対などが訴えられた。

 最大規模のサンパウロ市では6台の音響車がパウリスタ大通りに設置されたが、フォーリャ紙によれば、ジルマ氏弾劾を求めた昨年3月の集会時の50万人(ダタフォーリャ調べ)から大きく減少し、主催者発表で約1万5000人に留まった。その他の都市でも、数十人~数百人の規模となっている。

2017年3月28日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password