池坊南米支部花展 「花の夢」がテーマ

池坊南米支部花展 「花の夢」がテーマ
案内に来社した一行

 池坊華道会南米支部(阿部すみ子支部長)主催の花展が25~27日、サンパウロ市パライゾ区のサンパウロ文化センター(Rua Vergueiro, 1000)で開催される。

 当日の花展にはサンパウロをはじめ、カンピーナス、レジストロ、イビウナ、モジ・ダス・クルーゼス、ビニェド、サントスの会員らが参加する。作品約65点が並び、毎年1200人以上の来場者が訪れる。

 今回の花展のテーマは「花の夢」。混乱を極める世の中を想い、「花に夢を持って生きましょう」というメッセージが込められている。また、今年は日本の池坊が歴史に記されて555年の節目を迎え、池坊華道会南米支部も57周年を迎えるという。

 25日のワークショップでは、生け花体験として作品を持ち帰ることもでき、26日には書道愛好会の指導者によるワークショップも開催される。

 案内に来社した阿部支部長、宿澤春己副支部長、平良佐智子第1会計は「老若男女問わず、皆様に来ていただきたい。花に癒されてほしい」と当日の参加を呼びかけた。入場無料。

 詳細についての問い合わせは、同支部(電話11・3207・4876)まで。

2017年8月11日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password