池坊南米支部花展 テーマは「花の和」

池坊南米支部花展 テーマは「花の和」
案内に来社した一行

 池坊南米支部(阿部すみ子支部長)主催の58周年花展が24~26日の午前10時から午後6時まで、サンパウロ(聖)市パライゾ区のサンパウロ市文化センター(Rua Vergueiro, 1000)で開催される。今年は移民110周年と池坊南米支部58周年を記念し、開会式が23日午後8時から行われる。

 花展には聖市以外にも、カンピーナス、レジストロ、イビウナ、モジ・ダス・クルーゼス、サントスの会員らが参加する。今回のテーマは「花の和(AMIZADE ENTRE AS FLORES)」。移民110周年を祝し、ブラジルと日本のつながりを表現。花を通じて「和」を感じてもらうというメッセージが込められている。桜やイペーなど、日本とブラジルの象徴となる花を生ける予定だ。

 また、25日、26日両日の午後2時半から同4時半までは、生け花のワークショップも行う。毎年満杯になるほど人気で、生け花体験をした作品を持ち帰ることもできるという。25日の午後4時半から同5時半には、書道愛好会によるワークショップも行われる。

 案内に来社した阿部支部長(70、愛媛)、宿澤春巳第一副支部長(81、山梨)、相談役の島野蝶子さん(83、山形)は「今年は110周年なので、花を作って日伯の友好を表現するとともに、私たちを受け入れてくれたブラジルへお礼を込めた作品を展示します。ぜひ皆さん、来てください」と来場を呼びかけた。

 入場無料。問い合わせは、同会(電話11・3207・4876)まで。

2018年8月18日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password