流通業者専門見本市APASに ジェトロがジャパンパビリオン設置

流通業者専門見本市APASに ジェトロがジャパンパビリオン設置
流通業者専門見本市APASに ジェトロがジャパンパビリオン設置
案内に来社した大久保所長

 南米最大級の流通業者専門見本市「Feira APAS 2017」が5月2日から5日まで、サンパウロ市ビラ・ギリェルメ区のExpo Center Norte(Rua Jos・Bernardo Pinto, 333)で開催される。ジェトロ主催のジャパンパビリオンでは、日本から7社・団体が参加し、食品や調味料を紹介する6つのブースが出展する。

 鹿児島県食肉輸出促進協議会とサンキョーミート株式会社は、鹿児島県産の和牛を紹介する。日本産牛肉のブラジルへの輸出は2015年12月に輸出条件が締結され、今年の2月から輸出解禁に向けた制度設備が実質的に整ったばかりだ。ブラジルは世界第4位の牛肉消費国で、1人1年あたりの牛肉消費量は約36キロと、日本の約4倍。ようやく解禁された日本産牛肉業界にとっては、魅力的な市場となりそうだ。

 他にも、初参加となる株式会社五十嵐製麺は、福島県で60年以上続く老舗で、喜多方ラーメンのブースを出す。

 株式会社アルカンは、創業約350年の盛田株式会社の醤油やソース類等の調味料を紹介する。

 案内に来社したジェトロ・サンパウロ事務所の大久保敦所長は、「日本産の和牛の紹介はブラジルでは初めてで、日本食やシュラスコなど色々な牛肉の食べ方がありますが、どう和牛を(ブラジルに)浸透させるか学んでもらえるよう、サポートしていきたい」と語った。

 ブースごとに試食なども用意される予定。期間中の開場時間は午後2時から午後10時まで(5日は午後1時から午後7時)。問い合わせはジェトロ・サンパウロ事務所の山本氏(電話11・3141・0788)まで。

2017年4月27日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password