海賊版DVD工場 SP市内で3カ所摘発

 サンパウロ市内を歩いていると路上や小売店の店頭などといった街中の至る所で、お世辞にも「高品質」とは言えない包装が施された、透明ビニール袋入りのDVDが安価で販売されているのを目にすることができる。これらのほとんどは国内外の映画やテレビドラマのDVDなのだが、それらは配給会社等が正規に製造・販売している商品ではなく、何者かが著作権者の許可を得ることなく無断で複製した海賊版だ。かつては「日本人街」と呼ばれたが現在は「東洋人街」となっている同市内中心部のリベルダーデ地区などでは、日本の映画やテレビドラマなどの海賊版DVDも売られている。

 そんな海賊版DVDを大量に製造して「小売業者」らに卸していた組織が16日、サンパウロ州文民警察によって摘発された。

 同日付伯メディアによると、警察はこの日の朝に実行した摘発作戦で、サンパウロ市内中心部で稼動していた海賊版DVDの製造工場3カ所を潰し、6人を逮捕した。これらの工場の一つはある建物の3フロアを使用するという大規模なもので、インターネットを介してダウンロードした映画などのデータを何台もの機器を使ってDVDに焼いていた。現場からは露天商や小売店などに卸されることになる何千枚もの映画やゲームの海賊版DVDが発見された。

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password