現役軍警官2人逮捕 強盗を手助け 警察情報を漏洩=サンパウロ

 富裕層が多く住むサンパウロ市内のモルンビ地区で住居に侵入して窃盗や強盗をはたらいていた一味に対して警察の情報を漏らしていたとして、サンパウロ州軍警察の伍長と兵士の2人が8日、裁判所の命令によって逮捕された。

 同日付で伝えた伯メディアによると、逮捕された現役軍警官の2人は、モルンビ地区の少なくとも20軒の住居で窃盗や強盗をはたらいていた犯罪者一味に対して、周辺地域でパトロールを実施する時間などといった警察の秘匿情報を提供し、一味の犯行と逃走を手助けしていた。

 この軍警官2人が犯罪に関与していたことを示す証拠は、モルンビ地区内で起こったある強盗事件で警察の手に渡った。この強盗事件では警察との撃ち合いの末に犯人一味の10人が死亡した。そして文民警察は、その犯人らが所持していた携帯電話のデータを解析し、軍警伍長が盗みの手助けをしていたことを知った。

 軍警内部監察当局によると、逮捕されたもう1人の軍警官は伍長とコンビを組むパトカーの運転係の兵士で、伍長が犯罪者一味と連絡をとっていた時は常に伍長と一緒にいたことが分かっている。

2018年6月12日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password