盛大に謝恩の歌謡ショー 「私の町ラーモス」も大合唱

盛大に謝恩の歌謡ショー 「私の町ラーモス」も大合唱
舞台で歌う木村総領事(左)と井上さん(写真は小林チャーリー氏提供)

 井上祐見さんへの在外公館長表彰式を終えると祝賀会に移り、ラーモス日語学校の生徒を中心に移住地の人たちが総出で、歓迎のための「私の町ラーモス」を大合唱した。

 その後、本多文男さんの乾杯の音頭で夕食が始まり、午後8時45分頃から井上さんによる謝恩の歌謡ショーが行われた。井上さんは、舞台衣装に着替えて登場し、10曲を熱唱。参列者の間に入るなどし、手拍子と共に舞台狭しと声量ある歌声を響かせ、大きな拍手を浴びていた。

 ショーの途中では、特に「米米CLUB」が大好きだという木村総領事も舞台に上がって1曲歌い、拍手喝采を受けていた。10曲を歌い終わった後も、総領事の音頭取りで会場はアンコールの大合唱。井上さんは総領事の好みでもある高橋真梨子の『For You』を歌いあげた。

 午後11時過ぎ、大盛況のうちにショーが終わると、来訪者と井上さんたちが一緒に記念撮影を行い、木村総領事夫妻も一緒に写真に収まった。

 今回の公館長表彰がラーモス移住地で行われたことについて木村総領事は、井上さんの表彰が同移住地からの推薦により行われたとし、「(クリチバの)公邸でやれば、私としては楽ですが、ラーモス移住地の皆さんはバスを仕立ててクリチバまで来なければなりませんし、そうなると全員が井上さんの表彰式に参加できるわけではなく、ごく限られた人たちだけしか表彰式に出席できなくなります。このため、ラーモスで実施した方が、ラーモス、フレイ・ロジェリオやクリチバーノスの皆さんが井上さんの表彰をお祝いできると思ったからです」と説明した。

 なお、現地に出向いての公館長表彰は3月10日のパラナ州ロンドリーナでも実施されており、木村総領事が高齢の受章者とその家族・親類らに配慮したという。

2018年4月12日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password