石井千秋さんが金メダル 世界ベテラン柔道大会で

石井千秋さんが金メダル 世界ベテラン柔道大会で
75キロ以上級で優勝した石井さん(中央、提供写真)

 世界ベテラン柔道大会が11月18日~21日の4日間にわたって米国フロリダ州のフォート・ローダーデール市で開催され、1972年のミュンヘン五輪でブラジル初の銅メダルを獲得した石井千秋さん(75、栃木)が久しぶりの公式試合として75キロ以上級に出場し、優勝を果たした。

 同大会には世界中から総勢1100人の選手が一堂に集まり、ブラジルからは135人の選手が出場。サンパウロ市内にある石井道場からは13人の選手が活躍し、ブラジルが総合で10個のメダルを獲得した中で、同道場の選手が金メダル2個、銀メダル1個、銅メダル3個の計6個と貢献した。また、総合順位でブラジルはフランス、米国に次ぐ3位となり、日本の4位を上回った。

 石井さんは「この大会のために、柔道の稽古をはじめ、かけ足やバットを振ったり、バーベルを上げたりとトレーニングを行ってきたが、何とか金メダルを獲ることができた。それにしてもベテランの大会と言えど、昔の国際大会などに出られなかった各国の選手がその口惜しさをバネとして戦ってくるので、こちらも気が抜けなかった」と大会後の率直な感想を語った。

 同大会は来年、イタリアで開催される予定。

2016年12月3日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password