石川県人会陶芸部フェイジョアーダ大会 300人が来場し堪能

石川県人会陶芸部フェイジョアーダ大会 300人が来場し堪能
準備に奔走した陶芸部のメンバー

 石川県人会(森永正行ジェラルド会長)所属の陶芸部「元」主催の「フェイジョアーダ大会」が、4日午前11時から午後4時までサンパウロ市パライゾ区の同県人会館で行われた。

 当日は、会場いっぱいとなる約300人が来場。部員が前日と当日早朝から準備したフェイジョアーダを堪能した。午後からはビンゴ大会が開催され、大盛り上がりを見せた。

 今回のフェイジョアーダ大会は、壊れた焼き窯の修理資金を捻出するため。現在、同県人会には2つの焼き窯があり、母県から提供された焼き窯が壊れた状態にある。

 同県人会で陶芸部を担当する吉田エレナさんは「お陰さまで、たくさんの人が来てくれた。資金がどのくらい集まったかはまだ分からないが、来場した皆さんが楽しんでくれたようで良かった」と笑顔を見せた。

2017年6月13日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password