石田 俊郎氏

 宮城県人会の副会長や理事を務めた石田俊郎(いしだ・としろう)さんが15日、亡くなった。享年78歳。宮城県柴田郡村田町出身。

 石田さんは1958年1月、「さんとす丸」で渡伯し、家具製作会社「チルミス」を創設し、同社の机や椅子などは同県人会、日系社会のほか、ブラジル社会でも広く使用された。

 また、サンベルナルド・ド・カンポ市で野球振興に尽力し、宮城県人会でも副会長や理事を務めるなど貢献した。 

 葬儀は16日午後2時からサンベルナルド・ド・カンポ市内のジャルジン・ダ・コリーナ墓地で執り行われた。

 初七日法要などは未定。

2017年3月17日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password