【特集:茨城】祝 辞 茨城県知事  橋本 昌

祝 辞 茨城県知事  橋本 昌
橋本 昌
 このたびブラジル茨城県人会創立55周年記念式典が盛大に挙行されましたことを、300万茨城県民を代表いたしまして、心からお慶び申し上げます。

 ブラジル茨城県人会におかれましては永年にわたり、会員の方々への情報提供、交流の促進、地域への定着の援護などを通して、当地に移住された方々の絆を一層強いものとし、また、生活の安定を図られますとともに、祖国日本との懸け橋になってこられました。

 小林操会長をはじめ、歴代の会長並びに会員の皆様方のたゆまぬご努力に、深く敬意を表する次第でございます。また、本県に甚大な被害をもたらした東日本大震災や昨年の関東・東北豪雨に際しましては、大変なご心配をいただきますとともに、多額の義援金をお寄せいただきましたことに改めて感謝申し上げる次第です。

 日本からブラジルへの移住は1908年に始まり、間もなく110年が経とうとしております。1世の方々におかれましては大きな志を抱き、新天地での生活を一から立ち上げ、様々な困難を克服し、今日の繁栄を築きあげられますとともに、ブラジルの発展にも大きく貢献してこられました。

 この間、私たちの想像を絶する言葉では言い尽くせないほどのご苦労があったことと拝察いたしますとともに、同郷の皆様のご活躍を茨城県人として大いに誇りに思い、皆様のご努力と先人の方々のご遺徳、ご功績に心から敬意を表する次第でございます。

 また、2世、3世の方々も1世の方々が持つ日本人としての精神をしっかりと引き継がれ、それぞれ大きな目標を持ってさらなる発展を目指しているご様子が感じられ、誠に頼もしく感じております。

 郷土茨城は、今、人口が約300万人で全国第11位となっておりますほか、農業が第2位、工業が第8位で、一人当たり県民所得も8位となるなど、バランスがとれた豊かな県へと成長してまいりました。この10年の間にも高速道路や鉄道、港湾や空港など陸・海・空の広域交通ネットワークの整備が進み、企業の立地が順調に進んでおりますほか、今年5月にはつくば市でG7茨城・つくば化学技術大臣会合が開催されたところであります。

 さて、ブラジルではリオデジャネイロオリンピックが開幕しておりますが、茨城では3年後に国民体育大会が開催されますし、その翌年には東京オリンピックもあります。皆様方にもこの機会にぜひ、ふるさと・茨城を訪問していただけるようお待ちしております。

 日本では今、人口減少・超高齢化社会を迎えているところですが、私は茨城を日本の将来の発展を牽引していくことのできる数少ない県と考えており、引き続き、皆様に郷土茨城を誇りとしていただけるよう全力を注いでまいります。また、ブラジル茨城県人会の皆様の活動にできる限り協力させていただき、本県との絆が一層強いものとなるよう取り組んでまいりますので、皆様方におかれましても日本とブラジルの交流の懸け橋としてご尽力いただきますようお願いいたします。

 結びに、ブラジル茨城県人会のますますのご発展と皆様のご健勝、ご活躍をご祈念申し上げ、祝辞といたします。

2016年8月10日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password