第6回ミナス日本祭り 3日間で2万4000人が来場

第6回ミナス日本祭り 3日間で2万4000人が来場
舞台での鏡割り

第6回ミナス日本祭り 3日間で2万4000人が来場
和食講演の様子(写真はともに在リオ日本国総領事館ホームページから)
 在リオ日本国総領事館ホームページの情報によると、第6回ミナス日本祭りが2月17日~19日、ミナス・ジェライス州ベロオリゾンテ市のエキスポ・ミナスで開催され、3日間で約2万4000人が来場したという。

 17日に行われた開会式には、山元毅総領事をはじめ、カステロ・ブランコ・ミナス州経済開発公社総裁、ロウデス同州軍警総司令官など要人のほか、ウィルソン・ブルーメル・ベロオリゾンテ名誉総領事、山田康夫ブラジル都道府県人会連合会会長、土肥直浩セニブラ社取締役社長などが出席した。

 また、2011年に名誉総領事に任命されているブルーメル氏に対し、山元総領事が感謝の意を表するとともに、21年までの再任命を行った。

 同日本祭りでは、無形文化遺産である「和食」をテーマにした展示、日本食普及親善大使である小池信也シェフによる講演、在リオ総領事館の薦野吾渡夢公邸料理人によるちらし寿司のワークショップ、日本酒ソムリエであるヤスミン・ヨナシロ氏による日本酒のテイスティングなども実施。また、在リオ総領事館とミナス名誉総領事館の共同ブースでは、ひな人形や日本のカレンダーの展示、国費留学制度の説明会なども行われた。

 ステージでは、和太鼓演奏、日本舞踊公演、武道のデモンストレーションなどで連日賑わい、折り紙、茶道、陶芸などのワークショップを通じて、来場者は様々な日本文化を体験した。

 17日には第8回国際地域警察セミナー(交番制度)も開催され、警備担当領事が日本の警察制度について講演。ミナス州は、日本の交番システムをブラジル国内で最も積極的に取り入れている州の一つだとし、既にベロオリゾンテ市を中心に州内177カ所に交番を設置しているという。講演後は、州軍警関係者から「どのようにすれば、日本のように地域住民からの信頼を勝ち取れるのか」などの質疑も行われたそうだ。

2017年3月9日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password