第11回日伯交流絵画展 水彩画や油絵等45点が展示=岐阜県人会

第11回日伯交流絵画展 水彩画や油絵等45点が展示=岐阜県人会
左から小田さん、山田会長

 岐阜県人会(山田彦次会長)主催の「第 回日伯友情交流絵画展」が、8月4日から 日までサンパウロ市ベラ・ビスタ区の在サンパウロ総領事館多目的ホール(Av. Paulista, 854 3andar)で開催される。開場時間は平日の午前 時から午後5時。土、日曜日は休館で、最終日 日は午前中のみの開館となる。

 同絵画展では、水彩画や油絵など様式を問わず描かれた日伯の参加者による絵画が 点展示される。絵画展の実行委員長を務める小田エルザさんも水彩画を出展しており、「多様なスタイルの絵画を通して来場者と語り合い、交流を深められたら」と話している。

 山田会長によると「県人会は1世が減っており、3世や4世の会員が増えてくると、まとめるのが大変になってくる。どこかで世代間を埋める共通点を」との思いで企画され、この絵画展が始まった。加えて「海外の県人会にふさわしい仕事とは何か」を議論し続け、絵画展の開催が決まったという。

 開催前日の3日午後5時半からは、同会場でオープニングパーティーも行われる。

 入場無料。問い合わせは同県人会(電話11・3209・8073)まで。

2015年7月29日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password