第12回押し花展示会 テーマは「動物の世界」

第12回押し花展示会 テーマは「動物の世界」
今年のテーマ「動物の世界」より、恐竜の押し花(提供写真)

 押し花アートブラジル(巽(たつみ)ミリアン代表)主催の「第12回押し花展示会」が16日から25日まで、サンパウロ市リベルダーデ区のノッサ・セニョーラ・ド・リバノ教会貴賓室(Rua Tamandaré 355)で開催される。開場時間は午前10時から午後7時まで。

 今年のテーマは「動物の世界」。生徒らが、テーマに沿って1つの作品を2カ月間ほどかけて制作したものを展示する。作品は木や野菜の皮なども使い、ほぼ押し花で作られている。また、会場もテーマに合わせてジャングル風に飾り付けする。

 当日は、展示物以外にも、アクセサリー類、しおり、カード、飾り、新商品の亀の置物などが15レアルから販売される。また、期間中は午後2時から同5時までワークショップも開催される。

 案内に訪れた巽さんは「今年は動物がテーマなので、子供からお年寄りまで多くの人が楽しめる内容になっています。また、今年は新商品もたくさん揃っており、今まで来てくださっている方も新鮮な内容になっているので、ぜひ会場にお越しください」と来場を呼びかけた。

 入場無料。ワークショップ参加費は10レアル。問い合わせは押し花教室(電話11・3207・0811、またはWhatsApp11・97565・0885)まで。

2018年11月13日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password