第20回記念救済会 憩の園支援歌謡祭

第20回記念救済会 憩の園支援歌謡祭
来社した一行

 ブラジル日本アマチュア歌謡連盟(北川好美会長)主催の「第20回記念救済会・憩の園支援歌謡祭」が22日午前8時から、グアルーリョス市アグア・シャッタ区の同園内(Rua Jardim de Repouso São Francisco 881, Guarulhos)で開催される。
 憩の園は、現在70人が入居している。同園の吉岡黎明副会長は、「20回も歌謡祭をやってくれてありがたい。毎年皆楽しみにしている」と語る。

 当日は11時から開会式を行い、20周年記念のお祝いを挙行する予定だ。歌のショーでは約200人の歌い手が参加し、自慢の歌を披露する。なお、当日の飛び入り参加も受け付けている。エントリー料は30レアル。また、会場内ではバザーの出店やビンゴ大会が行われるほか、食堂では焼きそば、サンマ定食、シュラスコ、焼き饅頭、パステルなどが販売される。

 当日はサンパウロ市リベルダーデ区の三重県橋(Rua da Glóia,332)から、午前7時と同8時に無料送迎バスが運行する。なお、帰りは午後4時と同6時に出発する。

 北川会長ら案内に来社した一行は、「慈善の火は消しちゃいけないと思い続け、今年は20回目の開催となりました。当日飛び入り参加も可能です。ぜひ遊びにきてください」と来場を呼びかけた。

 入場無料で、できれば腐りにくい食料品や衛生用品、清掃用品を持参とのこと。歌謡祭での収益はすべて同園に寄付される。

 問い合わせは同園(11・3208・7148)、北川会長(電話11・97530・9683)、同歌謡連盟の中野ローザさん(11・97272・6037)まで。

2018年4月18日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password