第33回全伯高齢者GB大会 105チームが全伯一を競い

第33回全伯高齢者GB大会 105チームが全伯一を競い
寿組優勝のジュンケイロポリス
第33回全伯高齢者GB大会 105チームが全伯一を競い
亀組優勝のCCOB-A

 ブラジルゲートボール連合(本多八郎会長)は12日、今年度最初の公式大会である第33回全伯高齢者ゲートボール大会をサンパウロ(聖)市ジャバクアラ区の連合コートで開催した。

 当日は30度を超す暑さだったが、大会には70歳以上約550人のゲートボーラーが参加し、日頃の練習の成果を競い合った。

 同大会にはサンパウロ近郊、聖州内各地にとどまらず、パラナ州、ペルナンブコ州、リオ・グランデ・ド・スル州、リオデジャネイロ州、トカンチンス州から寿組(80歳以上)32チーム、亀組 (75歳以上)28チーム、鶴組 (70歳以上)45チームの合計105チームが出場した。

 開会式は午前8時に始まり、高村寿徳副会長が司会進行役を務めた。本多会長があいさつに立ち、スポンサーの宮坂国人財団、ヒノモト醤油及び久保商会へ謝意を表し、選手を励ました。来賓は文協の清原健児副会長、聖州議員の羽藤ジョージ氏はじめ多数が出席した。また、当日大会に参加した49人の88歳以上の高齢者ゲートボーラーが表彰され、記念品贈呈が行われた。

 最後に、競技上の注意が高村マリオ審判長によって行われ、競技の注意事項について田篭輝生競技委員長が説明し、競技が開始された。

 大会結果は次の通り。

第33回全伯高齢者GB大会 105チームが全伯一を競い
鶴組優勝のカロンキョウユウ-B

【寿組】
 優勝=ジュンケイロポリス、準優勝=サガC、3位=プロミッソン。

【亀組】
 優勝=CCOB―A、準優勝=フェルナンジアス、3位=ウルマ。

【鶴組】
 優勝=カロンキョウユウ―B、準優勝=マリアルバ、3位=カロンキョウユウ―E。

2017年3月18日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password