第48回山本喜誉司賞公募開始 推薦状の受付締切は6月26日

第48回山本喜誉司賞公募開始 推薦状の受付締切は6月26日
来社した長井さん、本多さん(右から)

 ブラジル農業に貢献した日本人及び日系人を顕彰する山本喜誉司賞の推薦公募の案内に、選考委員長の長井邦夫さん(80、3世)と本多泉美さん(48、3世)が来社した。同賞は、2017年までに157人が受賞しており、農業部門において最も名誉ある賞といわれる。

 昨年は、2012年に受賞した戸田正紀さんの農業技術を撮影したDVDを製作した。長井さんは「ぼかし肥料や堆肥など、日本の技術を用いた上手なやり方なので、一般に普及させるために昨年作った。日本の技術は凄い。年々日系農家は減少傾向にあるが、この技術は継承していきたい」と話し、「できるだけ皆さんに良い農家があったら推薦してほしい」と呼びかけた。

 選考基準は次の通り。

 技術革新への貢献、独創性・創意への先駆的貢献、農業者が獲得した成果の波及への貢献、財政・経済的成功による農業分野での貢献、環境保全への貢献、地域社会での活動や社会への貢献、そして二つ以上の団体からの推薦が必要となる。

 推薦状の受付締め切りは6月20日。なお、山本喜誉司賞授賞式典は11月9日にブラジル日本文化福祉協会で開催予定となっている。問い合わせは、担当の文協事務局エジーナさん(電話11・3208・1755)まで。推薦の宛先は、文協の山本喜誉司選考委員会(=Sociedade Brasileira de Cultura Japonesa e de Assistencia Social、住所=Rua São Joaquim, 381, CEP=01508―900)。

2018年4月19日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password