聖州全域を黄熱病リスク地域に 世界保健機関

 世界保健機関(WHO)は16日、サンパウロ州全域を黄熱病リスク地域とし、国外から同州内を訪問する旅行者に対して訪問の最低10日以上前のワクチン接種を推奨する声明を発表した。国内メディアが同日付で伝えた。保健省の指定では、サンパウロ州内における感染リスク地域は西部のみとされている。

 サンパウロ州保健局の疾病管理コーディネーター、マルコス・ボウロス氏によれば、昨年1月以降確認された州内における黄熱病感染は40件で、うち死亡は20件となっている。死亡者のうち11人は今年に入ってから記録されている。

 今回の流行で確認されている感染ケースは森林型黄熱で、ヒト以外の霊長類(サル)をウィルスの宿主とし、森林に存在するHaemagogus属などの蚊がウィルスを媒介する。感染したヒトから他のヒトへウィルスが伝達される都市型黄熱は1942年以来ブラジル国内で記録されていない。

 サンパウロ州のアルキミン知事は同日、州内54市での黄熱ワクチン接種キャンペーン開始日を、当初の2月3日から1月29日に繰り上げることを発表した。この接種キャンペーンでは、一般的な0.5mlではなく、有効期間が8年とされる0.1mlのワクチンが使用される。州では700万人の接種を目標としている。

 保健省が16日に発表したデータによれば、昨年7月から今年1月14日までの期間に国内で35件の黄熱病感染が記録され、そのうち死亡は20件となっている。今年初めからの感染は6件となっている。感染疑いの報告は470件で、そのうち145件が調査されている。

 感染が確認されたケースが多い州はサンパウロ州(20件)とミナス・ジェライス州(11件)で、以下、リオ・デ・ジャネイロ州で3件、連邦直轄区で1件が記録されている。

 WHOはサンパウロ州のほか、ブラジル中西部および北部、ミナス・ジェライス、エスピリト・サント、マラニャン各州と、南部、バイーア州、ピアウイー州の一部についても、訪問する旅行者に対してワクチン接種を推奨している。

2018年1月18日付け

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password