自動車強盗被害の一家 父親重体、乳児は無傷

  24日夜、聖市北部ジャカノン区で生後20日の乳児を乗せた一家が自動車強盗に遭い、胸部などに3発被弾した父親は重傷ながらも運転してその場を逃走。7キロ先の救急病院に駆け込む直前にハンドルを切り損ねて道路わきに突っ込んだ。衝撃で20メートル投げ飛ばされた乳児は、奇跡的に無傷。妻も軽傷で済んだが、父親は重体だという。
2010年8月27日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password